【エリザベスキャットフード】魚好き必見のリッチなキャットフード

ごはん

今回、お伝えするキャットフードは「エリザベスキャットフード」です。

これは以前ご紹介していましたロニーキャットフードを販売している「株式会社ヒューマル」の第2弾のキャットフードです。

【ロニーキャットフード】開発者のこだわりが詰まったキャットフード
最近猫のごはんについて考える方が増えてきていると思うので猫にも食育をと言うのはニーズがある部分だと思います。まだ2018年7月に発売され、それ程時間が経っていないので認知度は高くないですが、詳しくおすすめポイントをご紹介していきます。
koo
koo

「ひとつ先の贅沢」と言うキャッチコピーからも分かりますがロニーキャットフードよりも更にこだわりの原材料を使って舌の肥えた猫にも求められるキャットフードを目指したそうです。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

魚好きのにゃんこは必見ですね。

エリザベスキャットフードのこだわりポイントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

エリザベスキャットフードの基本情報

エリザベス

ロニーキャットフードの発売から1年以上の時間が経ちましたが2019年12月10日にエリザベスキャットフードが発売となりました。

koo
koo

1年半もの期間が「こだわり」を物語ってますね。

ロニーキャットフードとエリザベスキャットフードの一番の違いは何と言っても使っている原材料でエリザベスキャットフードは「魚」がメインとなっています。

「高品質な原材料を厳選し、栄養バランスや消化吸収、食感、匂い、味まで全てにこだわって配合しています。」とホームページに記載がある様に今回もかなりこだわったフードになっています。

エリザベスキャットフードの基本情報

容量
価格
1.8kg
4,500円(税抜)
メイン原材料魚類(サーモン・ニシン)
原産国ベルギー
着色料不使用

ベルギーの工場で製造され原材料と完成品の両方がしっかりと監視、検査されている徹底した管理体制はロニーと同じですね。

パッケージ

また絵が可愛らしくオシャレなので、言われなければキャットフードだと気付かないなと思いました。

そしてエリザベスキャットフードの特徴は

エリザベスキャットフードの特徴

・こだわりの魚類を原材料に使用
・34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合
・アレルギーリスクを抑えたグレインフリー(穀物不使用)

koo
koo

エリザベスキャットフードの最大の特徴は「生サーモン、脱水サーモン 、脱水ニシン」と言う魚の原材料だと思います。

ロニー同様に沢山の野菜やフルーツ、ハーブを配合していて栄養バランスの取れたキャットフードに仕上がっています。

それぞれの特徴を具体的に見ていきましょう。

エリザベスキャットフードの特徴

特徴その1・・・こだわりのディハイドレイテッド原材料
「ディハイドレイテッド」と言うのは超低温でじっくりと時間をかけ、サウナで汗をかかせるように丁寧に脱水させる事を言います。通常の乾燥鶏肉や乾燥サーモンと比べるとコストはかかりますが、素材本来の栄養価を損なわないというメリットがあります。
エリザベスキャットフードはサーモン、ニシン、鶏肉でこのディハイドレイテッド製法で脱水させた原材料を使っています。

 

特徴その2・・・34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合
エリザベスキャットフードはロニーキャットフードと同じ様に「猫に必要な栄養素」をバランスよく取れる様に野菜、フルーツ、ハーブを沢山配合しています。
ただロニーとは主成分が違うので配合量をかなり変えて配合しています。

 

特徴その3・・・アレルギーリスクを抑えたグレインフリー
エリザベスキャットフードは主原料にサーモン・ニシン・鶏肉を使用しており、その比率は63.5%となっています。猫にとって最も重要な動物性タンパク質を豊富に含んでおり、アレルギーの原因となるリスクが高い穀物は一切使用していません。

エリザベスキャットフードの原材料

原材料
  • 生サーモン 16%
  • 脱水サーモン 12%
  • 脱水ニシン 12%
  • サーモンオイル 1%
  • 脱水鶏肉 15%
  • 鶏脂 6%
  • 鶏タンパク質 1.5%
  • グリンピース
  • ジャガイモ
  • サツマイモ
  • チコリ
  • ビタミン類(A、E)
  • ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素)
  • モンモリロナイト
  • 亜麻仁
  • マンナンオリゴ糖
  • ビール酵母
  • 南極オキアミ
  • リンゴ
  • ニンジン
  • タウリン
  • ビルベリー
  • カウベリー
  • ペパーミント
  • タピオカ
  • ヒヨコ豆
  • トマト
  • シナモン
  • ムラサキウマゴヤシ
  • ローズヒップ
  • カモミール
  • イラクサ
  • アニス
  • フェヌグリーク
  • マリーゴールド
  • ユッカシジゲラ
  • 海藻
  • オレガノ
  • セージ
  • マジョラム
  • タイム
  • L-カルニチン
  • クランベリー
  • スピルリナ
  • パセリ
  • ナシ
  • ブルーベリー
  • マルベリー
  • オレンジ

原材料1

エリザベスキャットフードは動物性タンパク源として新鮮なサーモンと、栄養価を損なう事なくゆっくりと脱水したサーモン、ニシン、鶏肉を贅沢に使用しています。

原材料2

さらにハーブを追加したり、南極オキアミ、オリゴ糖、ビール酵母を配合する事でベストな栄養バランスを実現しています。

原材料3

そしてバランスが重要なカルシウム、リン、マグネシウム、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸なども絶妙なバランスで配合されています。

原材料4

エリザベスキャットフードには一切使われていませんがキャットフードの避けなければいけない危険な添加物や原材料についてはコチラの記事で詳しくお伝えしています。

猫のごはんの基礎的な事
日本ではあまり深く考えずに、簡単にごはんを選んでいる方がとても多いような気がします。その結果、海外のキャットフードの方が安心して与える事ができる物が多いと言うのが今の状況です。そんな現在のごはん状況や知っておいた方が良い情報をまとめてみました。

エリザベスキャットフードの成分

粗タンパク質:36.00%
炭水化物:26.50%
脂質:16.00%
粗繊維:4.00%
粗灰分:8.50%
水分:9.00%
オメガ6脂肪酸:3.40%
オメガ3脂肪酸:0.70%
カルシウム:1.00%
リン:0.90%
マグネシウム:0.10%
ナトリウム:0.60%

エネルギー(100gあたり) 約381kcal

エリザベスキャットフードは原材料や成分比もホームページ上で全て表示されています。

猫に多い尿路結石ですが予防策として重要になってくるのは「カルシウム」「リン」「マグネシウム」をバランスよく配合しているかどうかです。

ホームページで公開されているカルシウム、リン、マグネシウムの比率は1.0%:0.9%:0.1%となっていて理想的なバランスとなっています。

猫の尿路結石についてはコチラの記事で詳しくまとめてあります。

猫の尿路結石症は2種類ある!原因や予防法をチェック
猫に多い病気の一つで尿路結石がありますが、原因によって2種類あるってご存知でしたか?病院で治療やアドバイスしてもらうのはもちろんですが飼い主さんも知っておいて損はない情報です。予防法も知っておくと罹患率を下げる事ができるかもしれませんので要チェックです。

エリザベスキャットフードのパッケージ

エリザベスキャットフードのこだわりはパッケージにもあります。

まずジッパーの部分はロニーと同じ「EASY-LOCK TOUCH+」と言う食品用マジックテープを採用しています。

更にロニーの開発時からパッケージの素材をリニューアルしており、酸素透過率や水蒸気透過率の改善を行ってより鮮度を保てる袋となっています。

エリザベスキャットフードを購入するには?

ロニーと同じ様に楽天やAmazonでは販売していないのでヒューマルの公式ホームページで購入するしか方法はありません。

エリザベスキャットフードが買えるのは?

エリザベスキャットフードが購入できるのは公式通販サイトのみとなっています。

koo
koo

ロニーと同じ様にコストカットや商品管理が理由ですので、もし公式ホームページ以外で売られているものがあれば転売品ですので要注意です。

定期購入とは?

公式ホームページでは通常購入価格が(税抜4,500円)となっていますが、エリザベスキャットフードもロニーと同じ様に定期購入が出来ます。

定期購入は通常購入より10%引きの(税抜4,050円)となっています。

「初めて購入する時はちゃんと食べてくれるか分からないので1袋だけ購入したい」と言う方が多いと思いますのでロニー2袋エリザベス1袋なんて注文もできます。

エリザベスキャットフード 1.8kg 通常販売価格:4,500円(税抜)

購入数1袋あたりの金額送料
定期購入4,050円620円(税抜)

現在は「増税後の応援特大キャンペーン」という事で3袋以上の購入で送料が無料になります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

送料が必ずかかってしまうのがちょっと難点だったのでこのキャンペーンはドンドン活用しましょう。

支払い方法とは?

エリザベスキャットフードの支払い方法は選択肢が多く4種類あります。

・amazon pay
・クレジットカード
・後払い(コンビニ、郵便局、銀行、LINE Pay)
・代金引換

後払いの場合は手数料が209円(税込)、代金引換の場合は代引手数料440円(税込)がかかります。

koo
koo

2019年10月から「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まっていますが、現在はamazon payでの購入のみが対象となっています。

まとめ:魚好きはエリザベスキャットフード

今回はちょっとリッチなエリザベスキャットフードをご紹介させていただきました。

開発の裏話としては原材料のコストアップから料金設定にかなり苦労したようです。

koo
koo

肉の方がコストが高いのかなと思ってましたが魚の方が全然高いとの事です。

更に肉と比べて魚の方が水分を多く含んでいる為、乾燥させると小さくなってしまい料も沢山必要になってしまうんですね。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

そうして魚を主原材料にした結果、ロニーよりも脂質やカロリーの少ないヘルシーなキャットフードが完成したんですね。

エリザベスキャットフードの詳細は公式ページで確認してみましょう。

 

おすすめポイント
  • 動物性タンパク質が豊富なこだわりの原材料
  • 野菜、フルーツ、ハーブをバランス良く配合
要注意ポイント
  • 一般のフードと比べるとちょっと値段高い
  • 肉好きな猫には不向き
ごはん
スポンサーリンク
誰も教えてくれない猫の話

コメント