アクサの猫の保険をどこよりも詳しく解説

ほけん

自動車保険の通販などでも有名なアクサ損害保険株式会社ですが、猫の保険の商品内容はどうなのでしょうか?

この保険のおすすめポイントはどこなのか?保険は逆に悪い所もあるものなので気を付けるべきポイントはどこなのか?気になる所を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本的な補償内容

アクサのペット保険は補償割合によって70%と50%の2種類の選択肢があります。

保険料は血統種なのかミックスなのかで分かれているのが他の保険会社とちょっと違うところです。

補償プラン

プラン70プラン50
通院70%50%
入院70%50%
手術70%50%
年間限度額70万円50万円
免責なしなし

アクサは年間限度額と補償割合のみの設定で限度日数などはありませんのでわかりやすい補償内容になっています。

回数や1日の限度額などを気にしなくていいのは楽ですね。

その他の条件

新規の申込み限度年齢8歳11か月まで
加入してから補償開始までの待機期間病気30日間
がん120日間
更新可能年齢終身
手術の保険金請求手術の場合も
特に必要書類なし

アクサのその他の条件で気になる所はがんの待機期間がちょっと長いぐらいでしょうか?

それ程重大な問題ではないかなと思います。

割引について

割引について
  • インターネット割引・・・インターネットで申し込んだ場合に初年度3000円割引
  • マイクロチップ割引・・・マイクロチップを装着していると保険料が割引に

アクサは割引制度はないものの元々保険料が安いので全く気にならないですね。

特約やその他のサービス

特約やその他のサービス
  • ペット賠償責任特約・・・他人や他の猫などに怪我をさせた、物を壊してしまった時などの補償で、アクサの場合は示談交渉のサービスがついているので保険会社に相手との交渉を任せる事ができます。
  • ペット健康相談サービス・・・突然の病気やケガ、しつけなどで困ったときに24時間、365日、獣医師に電話相談できるサービス。

今回ご紹介する17社の保険会社の中で唯一示談交渉付きの賠償責任特約がつけられるのはこのアクサだけです。

病気への対応

私が最も重要視しているポイントなので、しっかりとチェックしていきましょう。

保険加入ができない病気は?

ほとんどの保険会社では加入者間の公平性を保つ為に「持病がある場合は保険の加入ができない病気」を設定しています。

アクサでももちろん決められていて加入手続きの前に確認するステップがあります。

・悪性腫瘍(がん)
・慢性腎不全
・糖尿病
・肝硬変(肝線維症)
・副腎皮質機能低下症(アジソン病)
・副腎皮質機能亢進症(クッシング病)
・甲状腺疾患
・免疫介在性血小板減少症
・免疫介在性溶血性貧血
・巨大食道症(食道拡張症)
・膵外分泌不全
・猫伝染性腹膜炎(FIP)
・猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
・猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)
・脳炎
・水頭症

アクサは16種類の病気が設定されています。

16種類という数は他社と比べて少ない方ですのでアクサは持病があっても加入しやすい保険会社と言えると思います。

慢性疾患への対応は?

まず最初は慢性腎不全などの重篤な慢性疾患になってしまったケースですが、アクサは更新の時に特定の病気が対象外になってしまう事があるとの回答でした。

更新のタイミングで更新できなくなる「更新謝絶」も可能性があるという回答だったので保険金請求が長く続くような病気をしてしまった場合は要注意です。

保険上の年間限度額は保険の年度が変わるとリセットされ、年間の限度額に到達してしまった時は契約が失効してしまうので要注意です。

アクサでは

・歯科疾病
・猫伝染性腹膜炎(FIP)
・猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)

に関しては保険が使えないルールになっており、他社には補償対象になる保険会社もあるのでデメリットポイントになっています。

先天性・遺伝性疾患への対応は?

先天性・遺伝性疾患は発症した年度だけが補償対象ですが、次年度からは対象外になってしまいます。

0~3歳ぐらいまでは発症する危険性があるので若いにゃんこは要注意です。

病名がつかない場合の対応は?

例えば元気もなく食欲もないなどで病院でみてもらった場合に、特に診断名はないけど点滴だけうってもらう等の処置はしていると言うケースもありますよね。

この様なケースでアクサは症状がり病院で治療行為をしているのであれば、診断名がない場合でも補償対象になると言う回答でした。

各プランの保険料

気になる各プランの保険料を見ていきます。

他社との比較での順位と16歳までの合計保険料はこのようになっています。

補償重視プラン・・・17社中10位 合計保険料・・・694440円

保険料重視プラン・・・17社中10位 合計保険料・・・522480円

保険料グラフ

 

 

アクサは通販系の保険会社なので保険料も安いのかと思ったら、保障重視プランも保険料重視プランも10位という事でちょうど中間くらいと言うところでしょうか。

可もなく不可もなくといった感じです。

アクサの猫の保険のまとめ

私がアクサの保険で一番気になる所はやはり慢性疾患への対応です。

一度かかってしまうと長く治療していかなくてはいけない病気なので、保険の重要性が際立ってしまいます。

病気になるかならないかは分かりませんが、もしなってしまった場合の保険なので必ず備えておきたいポイントだと思います。

おすすめポイント
  • 示談交渉や健康相談などのサービス
  • 限度回数などの細かい制限がない
要注意ポイント
  • 慢性疾患の対応
  • 先天性・遺伝性疾患の対応
ほけん
スポンサーリンク
誰も教えてくれない猫の話

コメント