オリジンキャットフードを分析して原材料・成分をチェック!

ごはん
スポンサーリンク

オリジンキャットフードを分析して原材料・成分をチェック!

2017年にリニューアルされたオリジンですがラインナップは5種類あります。

原材料や成分を徹底チェックして本当に良いものなのか確認してみましょう。

この記事はオリジンキャットフードを検討している方に参考にしていただける情報をお伝えしています。

オリジン

 

1.オリジンキャットフードの基本情報

オリジンキャットフードはアメリカのケンタッキー州にあるDOGSTAR®キッチンと言う工場で製造され、日本の株式会社オリジンジャパンと言う会社が輸入・販売を行っています。

 

1-1:基本情報

容量/価格340g/1,350円
1.8kg/6,300円
5.45kg/15,000円
メイン原材料キャット&キトゥン・・・チキン
6フィッシュ   ・・・フィッシュ
レジオナルレッド ・・・ビーフ
ツンドラ     ・・・ゴウト
フィット&トリム ・・・チキン
原産国アメリカ
酸化防止剤ビタミンE
着色料不使用

オリジンキャットフードは包装サイズが3種類あるので、多頭飼いの方には割安で嬉しいですね。

 

1-2:オリジンキャットフードの特徴

特徴その1・・・他社に製造を任せない
レシピの開発、製品の安全性、原材料の供給、フードの調理の細部に至るまで、確実に管理できる自社キッチンでオリジンキャットフードを製造し、他社のフードを製造したりもしない。

 

特徴その2・・・新鮮で栄養価の高い肉とその含有率
良質なタンパク質と脂質を確保するために新鮮でバラエティ豊かな肉を厳選し、保存料などは一切使っていません。その含有率は85~90%で猫に必要な栄養素をバランスよく取ることができます。

 

特徴その3・・・炭水化物を制限
猫は元々、偏性肉食動物で栄養源として炭水化物をあまり必要としませんが、従来のフードにはジャガイモやタピオカのような高GI炭水化物が大量に含まれています。これらは肥満や糖尿病の主な原因と言われていますがオリジンキャットフードはレンズ豆やひよこ豆などの低GIのものを使い炭水化物を制限しています。
 

1-3:オリジンキャットフードの原材料

新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮丸ごと大西洋ニシン、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、鶏肉脂肪、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆天然鶏肉風味、レンズ豆繊維、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ドライケルプ、フリーズドライ 鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、塩化コリン、亜鉛タンパク化合物、銅タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥 プロバイオティクス発酵生成物、乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮丸ごと大西洋ニシン、新鮮丸ごと大西洋カレイ、新鮮丸ごとアカディアンレッドフィッシュ、新鮮大西洋アンコウ、新鮮丸ごとシルバーヘイク、乾燥丸ごとサバ、乾燥丸ごとニシン、乾燥アオギス、ニシン油、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、丸ごと赤レンズ豆、乾燥スケトウダラ、乾燥アラスカポロック、ヒマワリ油、丸ごとピント豆、丸ごとヒヨコ豆、天然魚風味、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとイエローピース、ベニバナ油、レンズ豆繊維、フリーズドライ タラレバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、乾燥ケルプ、カボチャの種、ヒマワリの種、塩化コリン、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、銅タンパク化合物、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥 プロバイオティクス発酵生成物、乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
新鮮アンガスビーフ、新鮮イノシシ肉、新鮮ヤギ肉、新鮮ラム肉、新鮮ラムレバー、新鮮牛レバー、新鮮牛トライプ、新鮮イノシシレバー、新鮮マトン肉、新鮮牛心臓、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮ヘリテージ豚肉、乾燥ヤギ肉、乾燥イノシシ肉、乾燥ラム肉、乾燥丸ごとサバ、丸ごとグリーンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとピント豆、新鮮牛腎臓、新鮮豚レバー、乾燥牛肉、乾燥 マトン肉、牛肉脂肪、乾燥丸ごとニシン、丸ごとイエローピース、丸ごとヒヨコ豆、新鮮豚心臓、新鮮豚腎臓、天然豚肉風味、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとシロインゲン豆、ニシン油、新鮮ラムトライプ、レンズ豆繊維、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、乾燥ケルプ、フリーズドライ 牛レバー、フリーズドライ 牛トライプ、フリーズドライ ラムレバー、フリーズドライ ラムトライプ、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥プロバイオティクス発酵生成物、乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物
新鮮ヤギ肉、新鮮イノシシ肉、新鮮鹿肉、新鮮ホッキョクイワナ、新鮮鴨肉、新鮮マトン肉、新鮮ニジマス、新鮮鴨レバー、新鮮イノシシレバー、新鮮イノシシ腎臓、乾燥丸ごとサバ、新鮮丸ごとイワシ、乾燥ラム肉、乾燥マトン肉、乾燥スケトウダラ、乾燥アオギス、鴨肉脂肪、乾燥丸ごとニシン、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとグリーンピース、丸ごとヒヨコ豆、丸ごとイエローピース、丸ごとピント豆、レンズ豆繊維、新鮮マトントライプ、ニシン油、新鮮ヤギ心臓、新鮮ヤギ腎臓、新鮮鹿心臓、新鮮鹿レバー、新鮮マトンレバー、新鮮イノシシ心臓、丸ごとシロインゲン豆、フリーズドライ ヤギ肉、フリーズドライ 鹿レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとズッキーニ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごとバートレット梨、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮ビートの葉、新鮮カブラ菜、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、塩化コリン、亜鉛キレート、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、銅キレート、チコリー根、ターメリック根、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、アルテア根、ローズヒップ、乾燥エンテロコッカスフェシウム発酵生成物
新鮮鶏肉、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮七面鳥肉、新鮮全卵、アブラガレイ、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、新鮮鶏心臓、新鮮タラレバー、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、ディハイドレートイワシ、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートニシン、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごとグリーンピース、丸ごとグリーンレンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとシロインゲン豆、天然鶏肉風味、リンゴ繊維、レンズ豆繊維、丸ごとイエローピース、ディハイドレートカボチャ、ディハイドレートバターナッツスクワッシュ、鶏軟骨、乾燥ケルプ、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、フリーズドライタラレバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、丸ごとレッドデリシャスリンゴ、丸ごとバートレット梨、カボチャの種、ヒマワリの種、塩化コリン、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チアミン硝酸塩、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、ドライラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、ドライプロバイオティクス発酵生成物、ドライラクトバチルスカゼイ発酵生成物

どのラインナップを見ても全ての穀類(米、コーン、小麦、大麦等)、植物性たんぱく質(グルテン、大豆)、動物副産物、合成保存料(BHA、BHT、エトキシキンなど)、遺伝子組み換え原材料などは使っていない事がわかります。

そしてハーブは臓器を強化する強壮剤や増進物として機能したり、消化を助けたり肝臓を浄化するといった生理学的プロセスを刺激することで、毒物を取り除くことなどの自然の食事の働きをまねています。

 

1-4:オリジンキャットフードの成分

キャット&キトゥン
粗タンパク質40.00%
脂質20.00%
炭水化物19.00%
粗繊維3.00%
灰分8.00%
水分10.00%
カルシウム1.20%
リン1.00%
マグネシウム0.10%
タウリン0.20%
オメガ6脂肪酸3.50%
オメガ3脂肪酸0.80%
DHA0.20%
EPA0.20%
エネルギー(100gあたり)
約406kcal

6フィッシュ
粗タンパク質40.00%
脂質20.00%
炭水化物18.00%
粗繊維3.00%
灰分9.00%
水分10.00%
カルシウム1.50%
リン1.30%
マグネシウム0.10%
タウリン0.30%
オメガ6脂肪酸2.50%
オメガ3脂肪酸2.10%
DHA1.10%
EPA0.65%
エネルギー(100gあたり)
約406kcal
レジオナルレッド
粗タンパク質40.00%
脂質20.00%
炭水化物17.00%
粗繊維3.00%
灰分10.00%
水分10.00%
カルシウム1.90%
リン1.40%
マグネシウム0.10%
タウリン0.20%
オメガ6脂肪酸2.00%
オメガ3脂肪酸1.20%
DHA0.45%
EPA0.25%
エネルギー(100gあたり)
約406kcal

ツンドラ
粗タンパク質40.00%
脂質20.00%
炭水化物18.00%
粗繊維3.00%
灰分9.00%
水分10.00%
カルシウム1.90%
リン1.40%
マグネシウム0.10%
タウリン0.20%
オメガ6脂肪酸2.40%
オメガ3脂肪酸1.00%
DHA0.30%
EPA0.20%
エネルギー(100gあたり)
約412kcal
フィット&トリム
粗タンパク質44.00%
脂質15.00%
炭水化物16.00%
粗繊維6.00%
灰分9.00%
水分10.00%
カルシウム1.80%
リン1.50%
マグネシウム0.10%
タウリン0.20%
オメガ6脂肪酸3.00%
オメガ3脂肪酸1.20%
DHA0.15%
EPA0.15%
L-カルニチン56mg/kg
エネルギー(100gあたり)
約375kcal

オリジンキャットフードは良質な高タンパクのフードではありますが、高タンパクである事自体が猫の体に負担をかけてしまう場合があります。

特に高齢のシニア猫や病気で肝臓や腎臓の機能低下がある場合には負担になってしまう事がありますので注意しましょう。

フィット&トリムは体重管理が必要なにゃんこ向けです。

 

2.オリジンキャットフードを購入するには?

基本的には通販で購入する事になります。

あまり近くのスーパーやペットショップでは見かけないですよね?

店舗での販売をしていないのであまり認知度が高くないのですが、やはり口コミなどで広まってきているようです。

 

2-1:オリジンキャットフードが買えるのは?

オリジンキャットフードを購入するには株式会社オリジンジャパンの公式ページがあります。

楽天でも購入ができるのでどこが最安値で購入できるのかも調べてみました。

楽天で購入するならこちら

 

3.オリジンキャットフードのまとめ

オリジンキャットフードは色々なラインナップがあるのでにゃんこの好みで選べるのが良いですよね。

ただやはりお値段がお高めなので気軽に選べないのがちょっと難点ですね。

 

おすすめポイント
  • 厳選された原材料
  • 選べるラインナップ

 

要注意ポイント
  • 高い値段
  • シニアや内臓疾患のある猫には負担になる可能性
ごはん
スポンサーリンク
誰も教えてくれない猫の話

コメント